読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

at kaneshin

Free space for me.

たまに尾道

広島 尾道

f:id:laplus-knsn:20160514155221j:plain

この記事はたまに広島 Advent Calendar 2016の6日目の記事です。

生活圏は東京都心に住んでいますが、広島の尾道は昔から気になっていて、今年、初めて訪れることができました。 気になっていた大きな理由として、大林宣彦監督の『ふたり』と小林俊彦先生の『ぱすてる』がとても好きだからです。

ちなみに、私はまだ28歳なので『ふたり』が好きなのは親の影響が大きいですね…同年代の友人で知ってる人は居ないですね…


ふたり

『ふたり』は、赤川次郎の小説。1989年1月新潮社刊。事故死してしまったしっかり者の姉と、姉に頼ってばかりいた妹との、奇妙な共同生活を温かくつづる。大島弓子がカバーイラストを手がけた。

ふたり - Wikipedia

大林宣彦監督が『新・尾道3部作』の第1作として1991年に劇場公開されています。私は VHS か Beta のどちらかで見た記憶があります。(20年くらい前)

上の動画にも出てきますが、『ふたり』で有名な電柱も探し出しました。

f:id:laplus-knsn:20161122015509j:plain

土堂小学校の付近の横道を少し先に進むと突然現れます。ここで撮影している人は絶対に『ふたり』好きでしょうね。

ぱすてる

『ぱすてる』 (Pastel) は小林俊彦によるラブコメディ漫画作品。2002年より『週刊少年マガジン』で連載を開始し、後に『マガジンSPECIAL』に掲載誌を移し、連載中。

ぱすてる - Wikipedia

『ぱすてる』を読んでから尾道に訪れると色々なところで「あ!ココ見たことある!」という状況になるので、是非、『ぱすてる』を読み込んでから訪問してもらいです。

f:id:laplus-knsn:20161122015517j:plain

f:id:laplus-knsn:20161122015523j:plain

新久千映

新久千映のまんぷく広島<ご当地グルメコミックエッセイ>

新久千映のまんぷく広島<ご当地グルメコミックエッセイ>

そういえば、他にも新久千映先生の書いている漫画も好きなので、この本を読むたびに色々と巡ってみたい気持ちになります。

尾道と広島

時間があれば積極的に訪れたいですし、厳島神社などのメジャーな観光地にも訪れたいので来年も数回旅行しようかと考えています。 どこかオススメのところがあれば教えてもらいたいです!