読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

at kaneshin

Free space for me.

Gyazoの画像をDropboxにアップロードする

[14/Sep/2012, 14:26]
Created Repository on Github.com

kaneshin/GyazoD · GitHub


Gyazoはすごく使いやすいんだけど、画像を削除するのが面倒(ゴミ箱ボタンぽちぽち)

なので、Gyazoをforkし、DropboxSDKを使用して保存するようにしました。patchはしたにあります。
(サーバーをDropboxにするということ。公開はpublicフォルダを使用する)

patchは以下にあるので、気軽に充てて使ってみてください。

これは、Dropboxのアプリケーションを登録して使用するものですが、アプリケーションを用意するのが面倒な場合はローカルで直接ファイルを動かす用意もしてあります。(個人で使うだけならこれだけで十分ですね)(そのときは、using_api = falseにします。)

dropbox関係の設定はここでしてください。

dropbox = '~/Dropbox'
dest_dir_name = 'GyazoD/'
dest = "/Public/#{dest_dir_name}"
your_id = ''
public_url = "https://dl.dropbox.com/u/#{your_id}/#{dest_dir_name}"
using_api = true # false unless you use dropbox_sdk

あるDropboxフォルダをホストにするときはverify後にコード中にキー達を直に書くか(その場合はjson読み込み処理を消してください。)
keysfileの場所にjsonとして保存しておいてください。

keys_file_name = "keys.json"
keysfile = "/Users/#{user}/Library/GyazoD/#{keys_file_name}"

# post captured png file into dropbox
unless File.exist?(keysfile)
  raise "Create a #{keysfile} file with your Dropbox API credentials. See keys.json.example to get started."
  File.delete(tmpfile)
end

settings = JSON.parse(File.read(keysfile))

# Get your app key and secret from the Dropbox developer website
APP_KEY = settings['app_key']
APP_SECRET = settings['app_secret']
ACCESS_KEY = settings['access_key']
ACCESS_SECRET = settings['access_secret']
// keys.json
{
  "app_key": "your_app_key",
  "app_secret": "your_aapp_secret",
  "access_key": "your_aaccess_key",
  "access_secret": "your_aaccess_secret"
}